This Archive : 2008年01月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CATEGORY : スポンサー広告 |

鶏は丸焼き、ハンバーガーのパティは外で!!!

うちのオットは、料理好き。

でも散らかすので、ほんとは助かるような助からんような・・。

そんな彼が「得意料理である」と豪語する鶏の丸焼きとハンバーガー。

先日も
七面鳥より小さいから簡単と、詰め物(スタッフィング)からなにから自分でさっさか使って下ごしらえし、

P1020009.jpg


スパイスもなにやらいろいろ振りかけて
P1020011.jpg


オーブンへ。

は~いあっというまに(2時間弱?)

焼き上がり~

P1020012.jpg


肉はやわらかく、ジューシー。
スパイスもいろいろためしてみるもんですね。何が入ってるのやらわからんでも、美味でした。
(おそらくバジル、オレガノ、ローズマリー、黒胡椒あたりだとおもわれます)
付け合わせ用に鶏の下においたにんじんとじゃがいもは、鶏から落ちた脂で外はカリッと、中はほくほくにやわらかく焼けるんですよね。これもオーブン料理の楽しみの一つ。

スーパーで出来合いのブロイラー鶏の丸焼き買っても5ドルくらいだから、ワタシはついそっちに手が出てしまうのですが、家で作ると品質もよろしい(オーガニックの鶏など)、添加物一切無し、しかも二人暮らしだと3食分にはなるから、なかなか節約にもなりますね。

さらに、こちらは

P1020013.jpg


ハンバーガー。
マヨネーズのかけかたに独自のセンスのなさが表れておりますが・・・←これわたしのせい

ビーフ100%のパティ。つなぎ一切無しです!!
それを、アパートの外にある共用のバーベキュー用グリルでわざわざ焼きに行くというこだわり!

わたしは絶対しません。そんなめんどうな。

でも、

グリルで焼くと、なんともいえない香ばしさというか、

P1020015.jpg


おいしいんですよね~。

これは、にほんではなかなか楽しめない味だと思います。
しかし、このこだわりはわたしにないものですね・・・。
恐るべし!!

後片づけは、面倒ですが、自分では決して作らないであろう料理を供してくれるということで、オトコの料理も悪くないもんです。


アメリカ・カナダ・ハワイブログランキングに参加中です。クリックで順位が上がります。いつも読んでくれてありがとう

d_03.gif


↑今日もをクリック♪お願いします
スポンサーサイト
COMMENT : 6
TrackBack : 0

おしゃれスナップ

実はワタクシ、おしゃれが好きです。

と、言っても、Chiroz本人をご存知の方々は「?」って感じだと思います..

いわゆる流行のかっこうは苦手ですが、おしゃれな人たちを見るのが好きだし、自分の好きなもの、嫌いなものというのが決まっているという意味で、「おしゃれが好き」なのです。

アメリカに来て、もちろん噂通りTシャツにジーンズ、の人たちも多数派だなあという実感はありますが、なかなかどうして、「自分」をファッションを通じて表現している人たちも結構いるもんですよ~。←原宿に日曜に集まるヤングたち程の個性はないかもしれませんが..

私個人の意見としては、日本にいたときほど「流行」についていかなくてもよさそうな雰囲気があるのは嬉しい限りですね~。これは、ヨーロッパにいた時も感じたことなんですが。

もちろんツーソンにもなかなかがんばってる人たちもいるんですが、なにせ絶対数が少ないので、(カフェでおしゃれな人たちを見物しようにも、地元のヒッピーオヤジたちに囲まれていると俄然、やる気が失せるChirozですよ...)ヒットが少ない。

そこで私がチェックしているのが、ファッションスナップ専門のサイト。

これが本当に雑誌等で活躍しているカメラマンから、アマチュアまで、みなさんよく「取材」してるんですよ~

ということで、今日はそのなかからいくつかを紹介したいと思います。

まずは、

Face Hunter

この人は、プロです。本当に見ていてすてきだなーと思う人たちのスナップが多い。
写真の撮り方とか、ポーズの取らせ方もうまいなあと思います。パリ、ロンドン、レイキャビク、ニューヨークなど仕事で世界中をまわっているらしく各都市の比較もできるのが楽しい。

それからこちら↓はオランダ発

Dam Style

オランダ、アムステルダムはおしゃれな人が多い、と、かの地でファッションを勉強していた友人が言っていた(ような気がする)。
ほんと、そんな気がしますわ~

コペンハーゲン↓もしかり。

Copenhagen Street Style

寒い国は夏でも重ね着できるから、おしゃれしがいがあるよね。
ちなみにコペンハーゲン=デンマークのサイトです。

これ↓はアメリカのどこぞの大学のファッションスナップブログ

The Stitch Society

時々教授がでてくるのが好き。アカデミックながら、おしゃれだなんてステキ過ぎ。

アメリカでは、ワタクシ大注目のまち、フィラデルフィア発↓

Broad & Market

被写体にいろいろ質問しているのが興味深い。ファッションは、その人の生き方や哲学を表してこそ、です。

シカゴ発↓

The Midwaste Land

シカゴはミッドウエスト(アメリカ中西部)といわれる地域に位置していますが、WESTじゃなくてWASTE(浪費する、とか浸食する、と言う意味)になってるのがウケる←わたしだけ?? ファッションっていうか、人間っておもしろいな~と思わされるブログ。
シカゴは、都会だな~(憧)

サンフランシスコ↓も、都会です。

Street Fancy

次のこちら↓は、イギリスの中都市マンチェスターのスナップ。

Manchester Looks

比較的ティーン向けっぽいかな。
でも、このイギリスのロックバンドOASISを産んだまちには、個人的な思い入れがありまして..

ロンドンに住んでいたときロンドンから友達と二泊三日の旅に出て、三日間文字どおり飲んだくれたという若気の至り青春の街です。朝起きたら友達、「おはよーChiroz。何か飲む?ハイネケン?」←笑
私「このうちには、紅茶はないんか~~~


よい子は絶対真似しちゃいけません

私も、多分絶対もうこんな旅行はしないと誓います~

さて、トリは

The Sartorialist

こちらは、若者にまじって渋~い紳士のスナップで有名。
日本の雑誌にも取り上げられてるみたい。

仕や勉強や人生に疲れた時、ちらっと覗いてみてほしいです。
その都市の空気感とともに、いろんな人「自分」の表現の仕方、単純に、ファッション、が楽しめて、いい気分転換になりますよ。

おかしなことに、私は結構こういう事で励まされてるんです。
人間って、エネルギーが溢れてて、いいなあ!

アメリカ・カナダ・ハワイブログランキングに参加中です。クリックで順位が上がります。いつも読んでくれてありがとう

d_03.gif


↑今日もをクリック♪お願いします
COMMENT : 2
TrackBack : 0

缶詰めのおいなりさん

ポットラックパーティに、「いなりずしを作ってきてくれるかな~」
と頼まれました。

ポットラックパーティとは、皆が一品ずつ料理を作ってくるパーティ。持ち寄りパーティですね。
主催者が全てを取り仕切らなくてもよく、合理的です。アメリカではこのテのパーティが多いと聞きます。

ちなみに皆が同じようなもの(デザートばっかり、とか、揚げ物だけ、とか)を持ってくると困るので、「肉料理で」とか「野菜の料理を」とか指定される事が多いし、その方がこちらもラクです。

今回はパーティにすしが欲しい!ということで日本人のワタシにおいなりさんという指令が回ってきたのでした。

さて、いなりずしですが、中身は大丈夫として、準備に困るのがあぶらあげ。
スシ用の小さめのはおろか、あぶらあげそのものさえなかなか売っていないんですよ~(嗚呼ツーソン・・・)

そこで、インスタントのあげを使う事に・・・これはアジアンスーパーマーケットにはよく置いてあるのです。
これ缶に入ってるんですよね・・・・・
ほんとはとっても抵抗があるのですが、背に腹は代えられぬ!

P1010723.jpg


しかし缶詰めって・・・ねえ。
「いなりずしのもと」ってローマ字で書いてます・・・

でもでも、どんなふうに缶に入ってるの?!って気もしませんか?!

こんなふうにです。

P1010724.jpg


ギュウギュウ~~

一缶にいなりずし16個分くらいの味付けしたあぶらあげが入ってました。(ぎゅうぎゅうですが、一枚一枚はがすのはラクです)

さて、すしめしを準備し、下ごしらえしておいた具もまぜます。

P1010721.jpg


干し椎茸、にんじん、枝豆、いりごまを入れました。
実家はいつも具入りおいなりさんだったので、わたしもそれを継承です。
具なしのおいなりさんを初めて食べたときはちょっとした衝撃でしたが、逆もそうでしょうね。

一口サイズに丸めて

P1010725.jpg


あげに詰めます。

P1010726.jpg


たくさんできたので夕食にもできたし、昼に行われたパーティにも十分持っていけました。

味は、・・・やはり市販の味付けあぶらあげだったので、コンビニとかのおいなりさんとおんなじような味になったのが、正直不満・・・。味が濃いんですよねえ・・・。

それなりにおいしいんですけど、手作りにはかないませんもんねえ。ぐちぐち・・・

中のおすしはよくできたので、次回は絶対あぶらあげを見つけて自分で味付けしたいものです。
ま、パーティではみんな食べてくれたので一安心でしたが。

アメリカでもツーソンサイズの街に住んでいれば、ほとんどの日本食は作れると思いますが、こういうちょっとしたところで妥協しなければならないのがつらいなあ、と実感した今回のおいなりさん事件?でした。

アメリカ・カナダ・ハワイブログランキングに参加中です。クリックで順位が上がります。いつも読んでくれてありがとう

d_03.gif


↑今日もをクリック♪お願いします
COMMENT : 2
TrackBack : 0

vintageフェイクファーのショートコート

この冬休みの旅行前に購入したのが、1960年代ビンテージのコート。

フェイクファーの短いコート、いろんな雑誌(NYLON, LUCKYなど)に出てたのでチェックしてたのです。

特に1960年代はアメリカで上質のフェイクファーが生産されるようになったようで、その頃のフェイクファー製品はビンテージショップや古着屋でも結構たくさんみかけます。

ちなみにアメリカ英語では。「Fake Fur」とは言いません。「Faux Fur」(フォーファー)です。

ツーソンは暖かくてコートなんて着る機会がないのですが、極寒のアメリカ中西部に行くからには暖かいのが必要!←という言い訳を...

でもなんでビンテージか、というと、単純にデパートだと同じようなのしかないから。日本ほど庶民に手の届くものにバリエーションが少ないように感じます。

あと、要はリサイクルだから地球に優しい
ホンモノの毛じゃないから動物に優しい

とはいえ大都会にいる訳じゃないので、近所の古着屋さんにはなかなかこれといったものはなく...

ネットは、一度は新品を購入したものの値段の割に品質があまりにも悪くて、返品してから慎重になってます。(デザインはよかったんだけどな~)

ちなみにこのコートもネットで見つけたんだけどビンテージだけにちゃんとコンディションが明記されていたので購入!値段もお手頃でした。

jacket.jpg

モデル私じゃないですよ..ネットショップetsyより借用。

サイズぴったりだし、何よりフェイクファーってあったかい!!!
うちの中で着てみたら暑いのなんの(笑)

結果、雪のインディアナポリスでも、しっかり毎日活躍してくれました。
フォーマルにも、普段着でジーンズに合わせてもいけるのがショート丈の良いところです。袖は8部丈なので、以前紹介した長めの手袋とぴったりのバランスです。

ビンテージなだけに、裏地がほつれているところがありましたが、そこは自分で縫い直しました。ちょっとでも自分で手がかけられると、愛着が増すのは私だけ?

周りの人の評判も、上々でした!「ホンモノ?」と言われたりして。
ちなみに襟はホンモノの毛皮でした。

古着?!抵抗が..という皆さんも、時にはビンテージ、チェックしてみてはいかがでしょう?
意外と素敵な出会いがあるかもしれませんよ

アメリカ・カナダ・ハワイブログランキングに参加中です。クリックで順位が上がります。いつも読んでくれてありがとう

d_03.gif


↑今日もをクリック♪お願いします
COMMENT : 0
TrackBack : 0

ゴーヤチャンプルー!?

沖縄料理大好きな我が家。
特にゴーヤは九州の実家でもよく食卓にのぼっていたうえ、栄養価は高く値段は低く、大人の味が分かるようになったワタシの好物でした!

でも、さすがにゴーヤは、ツーソンでは見つからない!!と、あきらめてました・・。新鮮な明太子が入手できないのと同じような感覚で・・・。

しかし日本在住経験のある義姉曰く、「ゴーヤだったら、こっちでは「びたーめろん」とほとんど同じよ」。

ビターメロン!?

Bitter Melon!!

=苦瓜(ゴーヤ)直訳のようではないですか?!!

半信半疑でしたが、早速ツーソンのアジアンマーケットで探してみると・・・



あった!

P1010901.jpg


一個一ドル

・・・大きさはゴーヤとほぼ同じですが、なんかつるつるしてるなあ・・・

まさに、「うり」ってかんじで、あのとげとげがないとゴーヤの感じがでないわ。

色も心なしかうすい・・・。

恐る恐る切ってみると

P1010902.jpg


・・・ゴーヤって、こんな種でしたっけ?(だからこれはゴーヤではないっちゅーのに!!)
スプーンで種をとる。なんとなく、スプーンの滑りが悪く感じるなあ。

でも、塩もみして洗うと、ゴーヤと全く同じ苦い香りが!!これはいけそうです。

ありあわせの厚あげ(Fresh Fried Tofuとの表示が)と、細切りにした豚肉、ビターメロンを炒め、塩、こしょう、インスタントのだし、ナンプラーで味付けして、たまごでとじて、はいできあがり~

食べてみますよ~ゴーヤビターメロンチャンプルー!

P1010903.jpg


おお~~~

これは・・・

まさにゴーヤでした!!

全く遜色ありません。ゴーヤでした。←しつこい

と、いうことで、アメリカでは、ビターメロン=ゴーヤと思って今年の暑い夏を乗りきろうと思います!

って、まだ冬なのにもう夏の食事の心配を・・・・だってもう日が射すと暖かすぎだし。

アメリカ・カナダ・ハワイブログランキングに参加中です。クリックで順位が上がります。今日も6位を維持いつも読んでくれてありがとう

d_03.gif


↑今日もをクリック♪お願いします
COMMENT : 6
TrackBack : 0

結婚記念日のディナー

皆さんご存知の通り、最近、古いものにはまっているのです。

ビンテージの服、アンティークものだけでなく、本も!

フラッグスタッフで行った古本屋さんで2ドルでみつけたこちらは

P1010884.jpg


なんと1958年刊。

ワイン料理の本です。

その中の一つ、"Bonne Femme"(善き女性?なんでだろ?)というフランス料理が、今年の結婚記念日のメインに決定。

まずは近所にある、ツーソンで一番といわれる魚屋さんでSole(シタビラメ)を購入。

オーブンにも入れられる重たーいフライパンに溶かしバターとオリーブオイルを入れ、スライスしたマッシュルーム半量、みじん切りのタマネギ半量、パセリ、塩胡椒してsoleをのせる。

P1010872.jpg


それから魚の上に残りのマッシュルームとタマネギ、パセリをのせて

P1010873.jpg


レモン汁半個分、ブイヨン1カップ、塩胡椒して白ワイン1カップを注ぎ、バターを小さくちぎってのせる。

ワックスペーパーでカバーして沸騰させ、

P1010874.jpg


火から下ろしペーパーをのけて華氏350度のオーブンに10分。

オーブンからだし、料理中に出たスープを全て小さな鍋に移す。半量になるまで沸騰させ、バター少々と小麦粉スプーン1、クリームカップ半分に卵黄を混ぜておいたものを順にいれてソースが完成。(ソースを作ってる写真は撮り忘れました・・・)

ソースを作っている間、魚はフライパンの中で乾いてきてますが、それでOK。
ソースを魚にかけて、

P1010880.jpg


全体にちょっと焦げ目が付くまでオーブンのブロイラー(というのが備え付けのオーブンの一番下についてるのです)に入れる。

P1010886.jpg


調理中、すごく良い香りが~~

で、食卓に。

P1010888.jpg


我ながら、とってもおいしかった!卵黄とかクリームとか、それをレモンなんかとあわせるという洒落た事、Chirozは今回初体験でしたが、おいしいもんなんだ~~~

魚はあっさり、そこにクリーミーでちょっと酸味のあるソースがからまり、さらにタマネギのつぶつぶ感とマッシュルーム、パセリでフレッシュな感じもして・・・。我を忘れました(笑)
フランス料理、恐るべし~~

オットも、「おおーレストランみたいだ!」と喜んでくれました。よかったよかった。

彼からはこの日、バラの花束ももらい、よい結婚記念日になりました。

P1010894.jpg


しかし、つくりかたを見てお分かりのように、カロリー高いです
レシピにはもっと細かく量(半カップとか)が指定してあったのですが、そのままつくるとバターの量がものすごい!と思い、適当にオリーブオイルを代用したり、バターも量を減らして使いました。
50年代のレシピですからね・・健康=栄養という時代性も感じさせられます。

ま、でもこの成功を糧に、古きよきレシピの再現にも勤めたいと思います。

アメリカ・カナダ・ハワイブログランキングに参加中です。クリックで順位が上がります。今日は6位まで上昇いつも読んでくれてありがとう

d_03.gif


↑今日もをクリック♪お願いします
COMMENT : 2
TrackBack : 0

新年の大セール戦利品

インディアナポリスで、新年2日に時間潰しのためショッピングモールへ。

なんと新年のセール中!クリスマスセールとどっちが安いのかはわかりませんが、50~80%引きなんてサインがあちこちにあるところを見ると、かなりの大セールと思われます。

しかし、なんというかやはり、皆「秋~冬物の残り物」
って感じがするのは否めませんね~

みんなクリスマスに散財したあとですからね。なんとなくモール内も閑散としていたような・・

しかし、そんななかでも掘り出し物はある!!

P1010871.jpg


室内用のスリッパです。
旅行用に小さくて軽いのが欲しいな~と思っていたところに、なんと80%引きのシールが!!

サイズもワタシにぴったりのS(アメリカサイズ5~6)があったぞ!!(私の足は日本では22.5と23のあいだくらいのサイズ)

・・・というか、Sしか残ってなかったんですが・・・

黒の方は定価20ドルが4ドルに。
ネイビーの方は16ドルが3.2ドルに!!

どちらも定価ではぜっったい買わない!

黒の方は底もしっかりしているので飛行機の中などでも良さそう♪
ネイビーの方は部屋で寒いときに(ツーソンではあんまりないけど・・)はくぞ~

しかし2足も買っちゃうとは。これ完全に衝動買いでした。

これからの活躍を期待!

おまけ:シカゴ、オヘア空港内のイタリアンレストランにて。

P1010869.jpg


各テーブル全てにオリーブオイルのボトルが置いてありました!
飲むのかな?(笑)

アメリカ・カナダ・ハワイブログランキングに参加中です。クリックで順位が上がります。今日は7位まで上昇いつも読んでくれてありがとう

d_03.gif


↑今日もをクリック♪お願いします
COMMENT : 2
TrackBack : 0

白い城のハンバーガー

アメリカ中西部に存在する(NYにも支店はあります)ファーストフードレストラン、その名もWhite Castle!

P1010861.jpg


名前の割にはチープでしょぼい外見。完璧に名前負け..

インディアナポリスで、オットが「ここは絶対はずせない~!」とイチオシのハンバーガー屋です。

HPはここ→ http://www.whitecastle.com/_pages/home.asp

なんと創業1921年。

当時の写真は
1921_image.jpg

HPより借用。

やっぱり城っぽいかたちをしているのが...いじましいなあ(涙)。

さて、ここの売りはなんといっても、数。
一枚目の写真、よく見ると30個13.99ドルって書いてあるの、わかります?!
30個って
一個約47セント(50円くらい)ですね..

しかしいくらなんでも、30って頼み過ぎやろ!とつっこみたくなる数です...

そしてお昼を終えたばかりの私たちなのに、オットが注文したのは
「ハンバーガー3個♪」

おいっっそんなに頼んでどうする!!??

「私そんなに食べられないからね!!!」←焦る私

ところがテイクアウト用の箱を開けてみてびっくり。

なんじゃこりゃー!!

P1010863.jpg


...そうです。ここのハンバーガー、とっても小さいんです!!!
このなんでも大きいもの大好きなアメリカにおいて、この小ささ!

P1010864.jpg


普通サイズの日本人である私にさえ、4口で食べられてしまうこのサイズ...驚愕の大きさです(ある意味...)

結局、一個半ずつぺろっと平らげた私たちでした。

ふつうのアメリカ人は4~5個食べるそうです。ええ、あんまり驚かない事実ですね..

ちなみに、味は...。
「何の肉??」ってかんじですかねー
グルメにはほど遠いです(笑)
オットによれば、英語でもそんな肉の事を「Mystery meat」というそうです。

しかしこんなユニークなハンバーガー、アメリカで初めてでなかなか新鮮でした。

後日談ですが、今日ツーソン市内のウォルマートに行ったら、なんと!

P1010899.jpg


冷凍食品コーナーにありました(笑)

「お!君、こんなとこにいたのか~」というかんじで、
たいして美味くもないのにうっかり購入。
どうやらここ南西部ではレストラン展開はしていないようですが、冷凍食品としては販売している様子です。

おそらくアメリカでは一番小さいハンバーガーでしょう!!皆様機会があったらぜひお試しを♪度も言いますが決しておいしくはないですけど(←営業妨害?)

アメリカ・カナダ・ハワイブログランキングに参加中です。クリックで順位が上がります。今日は8位まで上昇いつも読んでくれてありがとう

d_03.gif


↑今日もをクリック♪お願いします
COMMENT : 2
TrackBack : 0
CATEGORY : 旅行
THEME : アメリカ生活
GENRE : 海外情報 |

新年あけましておめでとうございますfrom寒いところ

一週間オットの実家に行ってきました。
インディアナ州、インディアナポリスという街です。

年末、年始を迎えたこの街は、夏は蒸し暑く、冬は寒い。

なんと滞在中も雨が降ったり雪が降ったり、あげくの果てには華氏9度(摂氏約-10度!)まで体験してしまいました。

P1010865.jpg


世にも奇妙な義父所有のメタルハウスも雪の中。
このうち、1970年代に流行った?らしいのですが、壁も当然金属なのでマグネットでなんでも留められるというへんてこさです。

車でインディアナポリスから一時間ほどのオットのおばあちゃんのうちでは、豪華アメリカの昼食を堪能。

P1010783.jpg


この日のランチメニュー

コーンプディング
いんげん豆とベーコンのキャセロール
マッシュポテト
クランベリージェリー
ビーツ(赤かぶ)のピクルス
鶏肉のチーズヌードル(パスタのようなものですが、粉からつくります。柔らかい)
サラダ
パン
バナナケーキ

我が家では私担当の料理はほとんどエスニックか和食。
こういうアメリカの食卓のエッセンスを少しは取りいれたほうがいいかなと最近思います。
せっかくアメリカに住んでいるんだしね

この田舎町では、外食もしたのですが、その際オットがオーダーしたのがナント、
カエルの脚!!!

P1010793.jpg


何十匹分の脚なんでしょうか..考えたくない事実です..
食感は、魚と鶏肉のあいだといったかんじで、淡白な肉でした。
溶かしバターでいただきます。
ニンニクがきいていて、ほんとに驚きなんですが、おいしかったです。

滞在中は、お寿司をテイクアウトしたり、年越しそばもしっかり作って食しましたが、アメリカって、思ったよりアメリカ料理としてのバラエティーがある事にこの度は気づかされました。

あれ、今日は旅行の話のはずが、また食べ物ばかりになってしまいました。
次回はインディアナポリスで出会ったへんてこハンバーガーについて書こうと思います。あれ、また食べ物だ。

こんなChirozですが今年もよろしくお願い致します

アメリカ・カナダ・ハワイブログランキングに参加中です。クリックで順位が上がります。いつもよんでくれてありがとう

d_03.gif


↑今日もをクリック♪お願いします
COMMENT : 4
TrackBack : 0
CATEGORY : 旅行
THEME : アメリカ生活
GENRE : 海外情報 |

プロフィール

Chiroz

Author:Chiroz
ふらふら引越しを繰り返しヒッピー/ジプシー生活を楽しんでいましたが今の海辺の町には落ち着ける予定?現代アート、ビンテージ、猫、編み物、ヨーロッパが大好きな三十路・九州出身の牡羊座&O型。

家族:インディアナ州出身の夫&猫2匹。アリゾナ州ツーソンに4年間住んでいましたが念願の転職に成功!2010年8月からは北カリフォルニア州からブログを発信しております。


記事内容に関係のないコメント、もしくはアダルトサイトなどからのリンク付きコメントは予告なく削除させていただきます。ご了承下さい。


最近の記事


ただいまのモントレー時間


最近のコメント


月別アーカイブ


カテゴリー


カレンダー

12 | 2008/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


FC2カウンター


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


Copyright © アメリカひょろひょろ暮らし~猫と海辺のまち編 All Rights reserved.
Images by Night on the Planet  Designed by サリイ  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。