スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CATEGORY : スポンサー広告 |

あったかい、ヒッピーの町、ビズビー再々再訪

ツーソンに大嵐が来た今週某日、母が日本より到着。

先日はビズビーBisbee)という昔はの採掘で栄え、今は芸術家達の集まる町に3度目の訪問でした。

車の無い私は、オットの仕事場からは3Canyons Transit (info@arizonasunshinetours.com)というバンを雇ってビズビーまで行きました(30分の道のり、30ドルでした)。この観光会社、トニーさんという社長兼ドライバーがとても良心的。歴史や観光情報や時事問題についても詳しくて勉強になりました。

途中で寄ってくれたのは「Our Lady of the Sierras Shrine」という「バーコードを発明した人」が建てた山の中腹にある教会。このリッチなバーコード長者、儲けた金を人のために役立てたいと思ったらしい。けっこう巡礼者が来るそうだ。

P1010109.jpg


右の建物が当人のお屋敷だそうです。

トニーさんの熱心な解説と回り道で(メキシコ国境まで見せてくれた。町が壁で2つに分断されていた)一時間のツアーになったが料金は変わらず。ロンドンやローマでぼったくり屋と戦い続けた私にはいい人過ぎて驚きでした・・・

アメリカの田舎は思ったより暖かい?のか?

そしてビズビーへ到着。ヨーロッパ風の町並みが相変わらずキュートです。

P1010124.jpg



町のメインストリートをちょっと上ったところにあるPrickly Pear Cafe にて朝食。

P1010110.jpg


コンビーフとポテト、目玉焼き。トーストもついて5.95ドル。
母は2.95ドルのイングリッシュマフィンセットを食べ、安さとボリュームに感激。
ここは前に昼食も取りましたがこれまたおいしかった。(スープとサンドイッチでした)
店の人たちも陽気で親切でおすすめです。

有名な地下の採掘場をトロッコで見て回るツアーは約一時間半で12ドル。平日だったこともあり15人ほどしかいなかった。前回オットときたときはものすごい人だったのに!
防水のジャケットとライト、ヘルメットをかぶって参加します。

P1010113.jpg


トロッコといってもこの「乗り物」↑にまたがるだけです。不安定でしょーがない!

博物館にも行きましたが、とにかくによって繁栄し、70年代に滅び、芸術家やヒッピー達によって再びよみがえった町なのです。電気が発明されてからの価値が高くなり、(線に使う)、その後は衰退した背景や当時の町の繁栄を古い写真で見たり、今回、勉強になりました。
地下の採掘場は夏は涼しく、冬は暖かかったことも初耳。(実際この日も摂氏10度くらいしかなかった)

P1010116.jpg


それからは町のメイン通りのアンティークショップ巡り。
店の数こそ少ないですが、各店充実の品ぞろえ。
イギリス製のカップとソーサーを買い満足の母。

とにかく、ここは人が優しいです。
母の英語を褒めてくれたひとたち、日本語でコンニチハといってみたいひとたち、郵便局のおじさん、カフェやレストランのウェイター達、アンティークショップの店員さん、博物館やツアーの人達、みんな、笑顔。
たぶん、この町でのゆっくりした生活は、かつての過酷な山の労働者達の面影もなく、幸せなものなんでしょう、彼らにとって。

そうそう、町にトタン屋根の家が多いのは、銅山で働いていた人たちが即席で家を建てて住んでいた頃の屋根の名残なんだそうです。「Tin House」といって。
私はてっきり芸術家達がわざと簡易的な住まいに見せるためにそうしているのかと、思っていました。

P1000674.jpg


私3回目、母は初めてのBisbee.
ひとの暖かさに触れて、幸せな気持ちになった一日でした。
お、やっぱり田舎出身の私は、田舎に居を構えるのが人生のオチなんでしょうか?!

母のアメリカ滞在は、まだ続きます。

今日も読んでいただいて、ありがとうございました
アメリカ・カナダ・ハワイブログランキングに参加中です。
20位以内を行ったり来たりしてます。いつもクリックしていただいてる皆さま、ありがとう。

d_03.gif


↑今日もひよこちゃんをクリックしていただければ幸いです。

スポンサーサイト
COMMENT : 4
TrackBack : 0

COMMENT

お母様がいらしてるのね。
いいなぁ、ビスビー。結局私は行ってないのです。トニーさん、素敵な人だね。いい人にめぐり合うと、ほんと、あったかい気持ちになれて、幸せだわ~。楽しんでね~♪
2007/08/04(土) 05:33:12 | URL | Setsuko #-[編集]
素敵な!
トロッコ楽しそう♪乗りてー!
建物も可愛いし、いい街なんやなぁ(^^
2007/08/04(土) 05:55:34 | URL | えとめ #-[編集]
Setsukoさん♪
なんだか私がちゃんと生活しているのか心配になったらしく・・・時間がある母だけがツーソンに来てくれました。
ビズビーはアメリカにありながらアメリカではないというか、夢のようにテキトーでのんびりした所です。(そこが魅力!)やっぱりまたツーソンに来ないと、ですね~Setsukoさん!
ツーソンはやっぱり人との距離が遠くって、そこは都会(?!)だなあと毎回帰ってくるたびに思います。
2007/08/04(土) 09:01:35 | URL | Chiroz #-[編集]
えとめ☆
トロッコ・・・うちらはうっかり席の真ん中に座って、つかむところもなく左右に揺れながら地底へ・・(笑)スピードはゆっくりなんやけどね。

建物もユニークでね。撮り損ねたけど、外壁に赤く塗った道具類(かなづちとか、椅子、皿などなど)をびっしり埋め込んでた家があったの!!!また面白い家の写真を撮りに行くよ。
2007/08/04(土) 09:06:52 | URL | Chiroz #-[編集]

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

プロフィール

Chiroz

Author:Chiroz
ふらふら引越しを繰り返しヒッピー/ジプシー生活を楽しんでいましたが今の海辺の町には落ち着ける予定?現代アート、ビンテージ、猫、編み物、ヨーロッパが大好きな三十路・九州出身の牡羊座&O型。

家族:インディアナ州出身の夫&猫2匹。アリゾナ州ツーソンに4年間住んでいましたが念願の転職に成功!2010年8月からは北カリフォルニア州からブログを発信しております。


記事内容に関係のないコメント、もしくはアダルトサイトなどからのリンク付きコメントは予告なく削除させていただきます。ご了承下さい。


最近の記事


ただいまのモントレー時間


最近のコメント


月別アーカイブ


カテゴリー


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


FC2カウンター


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


Copyright © アメリカひょろひょろ暮らし~猫と海辺のまち編 All Rights reserved.
Images by Night on the Planet  Designed by サリイ  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。